眉毛を生やす生活習慣4つ!いつもの食事や睡眠を見直すだけ!

 

眉毛 生やす

眉毛は顔の印象を決定する大事なパーツです。
だからこそ、多くの女性が眉毛の手入れを余念なく行っているのでしょう。
ですが、ついつい手入れに熱が入りすぎてしまって、抜いた眉毛が生えてこなくなった、次第に薄くなってスッピンを家族や彼氏の前で見られるのが恥ずかしい、なんて失敗をした人もいるのでは?
そんな人に向けて、日常に少しの心がけをプラスするだけ眉毛が生える生活習慣をご紹介します。

 

 

眉毛が生えない原因は?

 

眉毛を生やす方法を考えるには、そもそもなぜ眉毛が生えなくなってしまうのか、を理解しておくことが大切です。

 

抜きすぎ

 

眉毛 抜く

ピンセットを使って眉毛を抜いて手入れしている人は少なくありません。
でも、無理やり毛を抜くのは眉毛が生えてこないリスクがあるのでNGです。
力づくで毛を抜くと、眉毛を作る毛根が痛み、新しい眉毛が作られなくなってしまう可能性があるからです。
また、毛根周囲の組織が傷つき炎症が起こることで毛穴がふさがれ、次に生えてくる眉毛が皮膚の外に出られず埋没毛になってしまう恐れもあります。

 

血行不良

目の疲れ

 

パソコンやスマホ、タブレット、ゲームなどのやりすぎは目のコリを招きます。
目の周辺の筋肉が緊張してしまうと、眉の毛細血管への血流も悪くなり、眉毛の成長に必要な酸素や栄養素が行き届かなくなることも。
血行不良は眉毛が生えない原因になります。

 

栄養不足

 

健康的な食事

体の細胞が新陳代謝を行うには酸素と栄養素が必要です。
それは眉毛の細胞も例外でなく、栄養も酸素もない状態では、新しい毛を作ることはできません。
欠食や偏った食事は毛の育成を阻害します。

 

睡眠不足

 

睡眠不足

睡眠不足が続くと自立神経が乱れ、交感神経優位の状態になります。
すると、眉毛の毛根に栄養を届ける血管が収縮してしまい、毛根への血流量が少なくなります。

 

メイクの洗い残し

メイクがきちんと洗い流せていないと、毛穴つまりの原因に。
毛穴がふさがると新しい眉毛が生えてきにくくなります。

 

 

眉毛を生やす生活習慣

 

眉毛が薄毛になる原因がわかれば、解決策も見えてきます。
毛の成長には時間がかかります。
日常の生活習慣の中で眉毛の育毛に役立つものを気長に続けることが大切です。

 

眉毛を抜かない

 

眉毛を抜くと毛根が傷つき、新しい毛が生えてこないことも。
整えるときは、ハサミやシェーバーを使いましょう。

 

ときどき目を休める

 

目の周りの筋肉が緊張しっぱなしでは、眉毛の成長に悪影響です。
筋肉のコリをほぐすには、眉毛のマッサージがおススメ!
眉毛の上と下を指で軽くつまんだり、内側から外側に向かって指で軽くさするなどすると、血行が良くなりますよ。
また、お湯に浸して温めたタオルを目に当てたり、目薬をして5分ほどぎゅっと目を閉じたりしても、血行改善やリラックス効果があります。

 

バランスの良い食事

 

眉毛に必要な栄養素はたくさんあります。
毛の材料になるたんぱく質、血液の材料鉄分、細胞分裂を活発にする亜鉛、毛細血管を広げるビタミンE・・・。
いちいちこの栄養素はこの食材、などと考えていては毎日の食事を考えるのが嫌になりますよね。
ごはんや麺類などの主食に、肉や魚、卵、大豆類の主菜、そして、副菜や汁物には野菜やキノコ、海藻をたっぷり使う。
そんな風にして、とにかくバランスの良い食事を取っていれば、眉毛の成長にとっても良いはずですよ。

 

睡眠

 

人が熟睡しているときには成長ホルモンが分泌されます。
よく男性の薄毛対策でゴールデンタイムという言葉を聞いたりしませんか?
22時から深夜2時が成長ホルモンが最も活発に分泌されるため、その時間帯に寝るようにすると育毛に役立つそうです。
眉毛も頭髪と同じく体毛の一種ですから、しっかり睡眠時間を確保して成長ホルモンをたっぷり浴びせてあげる必要がありそうですね。

 

 

まとめ

眉毛を生やすには、規則正しい生活習慣を続けることが大切です。
また、今生えている毛を大切にする意味でも、眉毛のお手入れやメイクは毛に優しい方法で行ってくださいね。