マユライズに含まれる有用成分が眉毛の育毛に効果的なのか徹底的に調べてみた!

 

睡眠不足

 

多くの芸能人にも愛用されていることで評判の眉毛美容液マユライズには、眉毛やまつ毛の育毛に役立つさまざまな有用成分が含まれています。

 

化粧品にもよく使われている一般的な保湿成分や乳化剤以外にも、マユライズに特有の成分は少なくありません。

 

眉毛をしっかりと育てていくには肌の環境を整える必要もありますが、マユライズにはそうした役割を担う加水分解卵殻膜や加水分解ケラチンが含まれています。

 

マユライズにはオタネニンジンエキスやビワ葉エキスなど、眉毛の育毛に欠かせない血行や代謝を促す成分も豊富です。

 

 

 

 

眉毛や肌の保湿効果を高める加水分解卵殻膜

 

 

マユライズに含まれる有用成分の中でも特に重要なのが、肌の水分量を増やす働きを持つ加水分解卵殻膜という物質です。

 

加水分解卵殻膜は鶏卵の卵殻膜を加水分解することで得られる貴重な成分で、一部の化粧水や乳液・シャンプーにも使われています。

 

卵殻膜というのは卵の殻の内側を覆っている薄い膜のことで、卵を細菌から守ると同時に酸素を通す網目状の構造をしているのが特徴です。

 

卵殻膜は切り傷や擦り傷の患部に貼り付けると治りが早くなるとして、古くから民間療法にも使われてきました。

 

加水分解卵殻膜は皮膚の角質層に含まれる水分量を増やす働きも持っており、眉毛が生える土台となる肌の保湿能力を高めてくれます。

 

人間の毛髪のアミノ酸組成とよく似た網目状構造をしている加水分解卵殻膜は、眉毛そのものの保湿にも効果的です。マユライズには加水分解卵殻膜の他にも羊毛由来の加水分解ケラチンが含まれますが、この成分も人間の毛髪と組成が似ているため眉毛の水分量を増やす効果が期待できます。

 

 

 

 

血行や代謝を促して育毛効果を高める成分

 

 

眉毛やまつ毛の血行や新陳代謝を促すマユライズの成分としては、オタネニンジンエキスやビワ葉エキスが挙げられます。

 

このうちオタネニンジンというのは漢方薬の生薬としても知られる高麗人参のことで、そのエキスに含まれるジンセノイドという有用成分が特に重要です。

 

ジンセノイドはタンパク質の合成を促して新陳代謝を活発にさせると同時に、血流促進の作用を持ちます。丈夫で健康な眉毛を育てていくには、毛細血管を通じて毛乳頭から毛母細胞へと必要な栄養素を運ぶことが欠かせません。

 

マユライズに含まれるオタネニンジンエキスの効果で血行が良くなると毛母細胞に栄養が行き渡り、ハリのある眉毛が育っていくのです。

 

 

ビワ葉エキスは頭髪用の育毛剤にもよく使われる成分で、オタネニンジンエキスと同様に血行を促す効果があります。

 

ビワ葉エキスは毛の成長を促す因子のFGF-7を増やすとともに、FGF-5と呼ばれる毛の退行因子を抑制する作用を持つ点も見逃せません。

 

両方の効果によって毛の新陳代謝が促されることから、ビワ葉エキスを含むマユライズは眉毛の育毛効果に優れているのです。

 

 

 

 

 

 

眉毛の育毛に役立つその他の成分

 

 

 

眉毛やその土台となる肌の細胞再生を促すには、タンパク質の合成に触媒として作用するビタミンBも必要になってきます。

 

マユライズに含まれるパンテノールはビタミンBの一種に数えられ、肌と眉毛の修復力を高める働きを持つ有用成分です。

 

パンテノールが体内に取り込まれるとパントテン酸とも呼ばれるビタミンB5に変化し、コラーゲン合成を促して眉毛やまつ毛の成長を助けてくれます。

 

マユライズにはこの他にもトリペプチド-1という成分も含まれていますが、これは衰えがちな眉毛にハリやコシを与えてくれる物質です。

 

 

日頃から化粧品で肌荒れしやすい敏感肌の人は、眉毛美容液を使用する際にも肌を刺激する成分が含まれていないかどうか心配になってしまいます。

 

その点でマユライズには肌荒れの原因となるような合成香料や合成着色料はもちろん、アルコールや鉱物油も使われていないので安心です。マユライズにも含まれているグリチルリチン酸2Kというカンゾウ由来成分は、肌の炎症を抑える作用を持つことから敏感肌用の化粧品によく使われています。