マユライズの使用方法の基本と裏技的な使用方法

マユライズ 

 

眉毛が薄い、眉毛が抜けてしまってもっと健康的な美しい眉毛を目指したいと思う方に注目されている「マユライズ」は眉毛に有効成分を届けやすくするより効果的な使い方があります。
使い方次第で効果を最大限に引き出すことが期待できるので、効果的な使い方を紹介します。

 

 

 

まずはマユライズの基本的な使い方を知ろう

マユライズの基本的な使用方法は朝と夜の1日2回、眉毛に塗っていくだけと普段のメイクのついでに簡単にお手入れできます。
マユライズを使うおススメのタイミングは洗顔後やお風呂から上がった後すぐという肌に余計な汚れが付いていない綺麗な状態で使います。

 

汚れによって毛穴に皮脂が詰まっていたり肌の油分が多い状態だとマユライズの有効成分を上手く眉毛に浸透させることができません。
マユライズの効果を引き出しやすくするためにも基本的な使い方で押さえておきたいポイントは洗顔後など肌の汚れを落として綺麗になった状態で使うことです。

 

洗顔時は抗炎症作用に効果が期待できる洗顔フォームでしっかり泡立てて優しく丁寧に洗い、洗顔後はタオルで水分を拭き取ってからマユライズを塗ると、浸透率がアップできます。

 

眉毛が薄いのを何とかしたい!薄眉に効果を発揮する使い方

マユライズの基本的な使い方を知った後、自分の眉毛に対する悩みに応じた使い方を知ると効果を最大限に引き出しやすくなり、悩み改善につながります。

 

眉が薄い悩みを改善へと導く使い方はマユライズを眉全体に塗ることです。
マユライズに付いているチップを使って眉頭、眉山、眉尻の順に眉毛全体にマユライズの液が付くように塗ります。
マユライズの液が眉毛に付いたらより浸透しやすいように指を使って軽くプレスします。

 

眉毛全体にまんべんなく塗っていくことで、たっぷりと塗ることで眉毛の毛穴にしっかりと液を浸透させることができます。

 

中には眉毛の一部分だけが薄くなったり抜けてしまっていることに悩んでいる方もいます。
その場合は気になる部分にだけマユライズを塗るのが良いのではと思われがちですが、マユライズは眉毛の濃い、薄いに関係なく眉毛全体にしっかり塗ることが大切です。

 

眉毛全体をたっぷり濡らすようなイメージで全体に浸透させることで薄い部分にも働きかけてくれます。
細かい部分はチップを縦にして向きを変えてあげることで塗りづらいところにもマユライズの液がしっかり密着できます。

 

マユライズでケアする前にマッサージして血行を良くするのも効果を高める

マユライズを塗る前に眉毛周辺をマッサージして血行を良くすることでマユライズの有効成分が眉毛に届きやすく、より効果を高めてくれます。

 

眉毛周辺をマッサージするのにおススメな方法として人差し指の腹を眉毛に置いて、毛の流れに沿って5回から10回眉毛の上をなぞるようにマッサージし、タオルを水で濡らして軽く絞って電子レンジで1分加熱したホットタオルを用意して眉毛の上に乗せて3分から5分放置します。

 

マユライズを全体にしっかり塗れていても、眉毛周辺の血行が悪いとマユライズの有効成分が奥まで届かず効果も半減します。
なので、マユライズを塗る前に眉毛周辺の血行を良くして温めてあげることで有効成分が届いて働きが活発になる状態を作ってくれるので効果も引き出しやすくします。

 

マユライズは朝晩1日2回を毎日しっかり続けることが最大限の効果を引き出しやすくします。
効果が現れるまでにはある程度時間がかかり、最低でも数カ月必要です。

 

マユライズを塗ってすぐに眉毛に劇的な変化が出るわけでなく、毎日きちんとマユライズの基本的な使い方と眉毛の悩みに応じた使い方を取り入れることで眉毛に有効成分が届くようになって、徐々に変化が出てきます。